いつでも呼べる看護師さん
専用回線 TEL 070‐5436‐3799



             在宅療養中の方の付き添い






  最期のときを入院せずに家族と一緒に家で過ごしたいというお母さん
 の希望を叶えてあげたい…。仕事も大変だけれど、お母さんも大事…。
 夜は何とか自分で看れるけ ど、仕事の間、1人でもしものことがあっ
 たら…。穏やかな時間を過ご してほしい。

  ご家族の留守中、吸引の必要なRさんが一人で過ごすことはできない
 ので付き添ってほしいという依頼で、看取りまでの3週間、医療保険な
 どの報恩看護だけでは対応できない早朝や夕方などの時間帯を日に数回
 任せていただきました。

  外出できないRさんに代わって季節の風景を撮影してきて、写真を見
 ていただいたり、お話したり…。最後まで穏やかな気持ちで過ごしてい
 ただきたいという気持ちでケアさせていただきました。